どんな時も「ちょっといい感じのわたし」を叶えるウェルネス情報サイト

9月のセルフケアポイント

まだ日中は暑い日が続きますが、朝晩はだいぶ涼しくなって過ごしやすくなってきましたね。

暑さのせいで体力や食欲がなくなり、なんとなくダルくなってしまう「夏バテ」とは異なり、この時期は、寒暖差や内臓冷えのせいで食欲がなくなり、疲れやすくなる「秋バテ」になりやすいと言われています。

 

「秋バテ」の1番の対策は、内臓を冷やさないこと。

 

まだ昼間は暑いからと冷たいものを摂りすぎないようにしてくださいね。

あとは、湯船にゆっくり浸かるのも効果的です。

お気に入りの入浴剤を入れて、お肌や自分自身を労わる時間を持つと、体も心も喜ぶはずです。

そして、この時期に忘れてはいけないセルフケアとして、今日は「お肌のダメージケア」をお伝えしますね。

お肌にとってのストレスが少ない秋ですが、お肌がゴワゴワしたり、少し凹凸を感じたり、カサつきを感じたりすることがあります。

これは夏に浴びた紫外線によってお肌の保湿力やバリア機能が低下していることが考えられます。

しっかりとした保湿ケアとホワイトニングが重要です。

保湿で効果的なのは、化粧水をたっぷり染み込ませたコットンを2、3分お肌に乗せること。化粧品のお値段に関わらず、「たっぷり」付けることを意識してくださいね。

シミは一度出来てしまうと、セルフケアでは消すのが難しいので、ぜひ、手遅れになる前の今の時期に、夏のダメージを残さないように丁寧なケアを心がけてくださいね!