どんな時も「ちょっといい感じのわたし」を叶えるウェルネス情報サイト

「より良い人生を送りたい」を叶える、3つの秘訣

漠然と「もっといい人生にしたい」と願うとき。

どこから始めてよいのか分からず、結局何もしないということになりがちです。

でも、せっかく「よりよく生きたい」という心の火が燃えたのに、すぐに行動しないでその火を消してしまってはもったいない!

この記事では、「より良い人生」を実現させる3つの具体的な方法をご紹介します。

どれから試してもOKです。

心が惹かれるものから、ぜひすぐトライしてみてくださいね。

1.理想の1日を書き出す

まずは、思いっきり想像力を働かせて、今のあなたが考えつく最高の1日を想像してみましょう。

それがどれだけ実現可能かは、今は考えなくて大丈夫です。映画の主人公になった気持ちで、1日の流れを考えてみましょう。

あなたは、どんな洋服を着て、どんな気持ちで、どんな景色を見ながら何をしていますか?

あなたが心の底からワクワクするようなライフスタイルは、どんなものでしょうか?

思いっきり書き出した後は、その理想の1日と今日をつなげてみましょう。書き出した理想の1日の中で、「今」実現できることはどんなことでしょうか?

全く同じは無理だとしたら、そのエッセンスだけでも抽出してみましょう。

例えば、理想の1日に「午後には美味しい紅茶とお菓子を食べて、ほっと一息つく時間」があるのならば、そのようなティータイムを今日から早速設けてみるのです。

 

2. 最近心がざわついた瞬間を思い出す

最近あった、「なんかモヤっとした」とか、「イラっとした」ということを思い返してみましょう。

そして、「なぜそう感じたか?」を深堀してみてください。

怒りや嫉妬心を掘り下げてみると、「もっとこうだったらいいのに」「本当はこうしたい」という自分の願いが明らかになります。

情報を受動的に受け、ただ反応するだけでなく、目の前のことを自分自身と照らし合わせて考えることで、「私もこれを経験したいんだ」「私にとってこれが大事なんだ」というように、自分自身をより深く知るチャンスにしていきましょう。

 

3.「いいな」と思うことをリストアップする

例えばSNSを眺めていたり、テレビドラマのちょっとしたワンシーンなどで、「あ〜いいなー」とテンションが上がる瞬間、ありますよね。

そういった自分自身の胸の高鳴りを見逃さずに、ひとつ残らず書き記していきましょう。

どんな小さなことでもいいんです。

例えば、映画を見ていて、主人公が着ていた洋服の青色が綺麗だなとか、カフェのコーヒーの香りに癒されるな、とか。

日常の中にあるちょっとした心のトキメキに敏感になることで、自分自身が「喜ぶ」人生の要素を集めることができます。

写真などを集めて、コラージュするのもいいですね。

もしかしたら、そうやってキャッチしたインスピレーションの中から、生涯かけて極めたい趣味や、ビジネスアイディアに発展するものもあるかもしれません。

 

 

 

これら3つに共通する事は、外側からの刺激を受けながらも、「答えはいつだって自分の中にある」ということです。

つまり、あなたが今一番必要としているのは、自分自身の心に寄り添う時間。

「本当はどうしたい?どうしたらもっと幸せになれそう?」と、ご自身の心と対話する時間を設けてみてくださいね。

あなたの人生が、より良い方向に拡がっていきますように。

 

COCO
Latest posts by COCO (see all)