どんな時も「ちょっといい感じのわたし」を叶えるウェルネス情報サイト

振り返りワークで、自己肯定感を高めよう

2020年は、本当に色々なことがありました。

 

どんな人にとっても、大きな変化の年で、それぞれにとってのホームについて考え、「大切」を守るために、本当によく頑張った。

そんな1年だったのではないでしょうか。

 

2021年は、もっと穏やかで、より良い年になりますように。

 

そう願って、すでに来年に向けて目標設定をしていたり、動き出している人もいるかもしれません。

 

でも、その前に、2020という特別な一年を今一度振り返り、自分のがんばりを認めること。労い、癒し、整えること。感謝すること。

 

そんな時間をもってみませんか?

 

誰もが、新しい生き方を模索して、前を向いて、先行き不透明な日々の中で、一生懸命その時々の「ベスト」を尽くしてきた。

 

でももしかしたら、新しい環境での生活が想像とは全く違うものになっていたり、予定していた楽しみなライフイベントがキャンセルになったり、仕事がうまくいかなかったりと、「良かった」とは言いづらい出来事もあったかもしれません。

 

それでも、あなたはよくやった。よく頑張った。

 

そうご自身に伝えてみてください。

 

これからご紹介する、10のテーマに、それぞれ思いつく限り答えを書き出してみましょう。

 

1、今年「よくがんばった!」ということ

2、今年「成長したな」ということ

3、今年最も幸せを感じた瞬間・出来事

4、今年新しく始めたこと・新たに得た知識やスキル

5、今年明らかになった自分にとって大切なこと・大事にしたい価値観

6、今年新たに気づいた、本当に在りたい自分の姿や生き方

7、今年あった一番嬉しい出逢い

8、今年最も感謝したいこと

9、今年最も感謝を伝えたい人

10、自分自身に対して、労いの言葉を一言!

 

いつも前を向いて頑張っている人ほど、振り返ることをせずに、自分の頑張りを認識しない、ということがあります。

 

だから、いつまでもたっても「不十分」な気がしてしまって、しんどくなるまでとにかく頑張る・・・

 

もう、そんな自分の身も心も削るようなやり方は辞めにしませんか?

 

自分ができないところやうまくいっていないところと同じくらい、もしくはそれ以上に、ちゃんとできているところやうまくいっているところを認めて、心地よくがんばっていきましょう。

 

COCO
Latest posts by COCO (see all)