どんな時も「ちょっといい感じのわたし」を叶えるウェルネス情報サイト

自然から学ぶ 生きるヒント

私たちは毎日を忙しく過ごし、さまざま情報に翻弄されて生きています。

 

心の余裕がなくなっていくと、思い通りにいかないことに不満を抱いたり、他人との比較の中で焦ったりすることも増え、自分を見失っていくような感覚になるかもしれません。

 

 

そんなときは思い切って立ち止まり、自分の心を観察し、向き合ってみるのはいかがでしょうか。

 

 

私は自分自身と向き合いたいときに、自然の中に身を置いて、ただただぼーっと過ごします。

 

いつも見過ごしていたような植物、昆虫、鳥、滝、海、空、太陽などを眺めていると、

「ハッ」と我に返り、生き方のエッセンスを学ばせていただくことがあります。

 

 

無意識のうちにこころの中に蓄積してしまった余計な感情・信念に気付くことで、見失いかけていた「自分」をもう一度見つめ直すきっかけになるのです。

 

 

こころの中にたまった不要なエネルギーに気付いたとき、それらを手放すには勇気がいります。

 

しかし、それらをデトックスし、本来のピュアな自分になることで、「しあわせ」感度が増し、日常に「しあわせ」を感じる瞬間が増えていくのだと思います。

 

 

今回は、自然からの学びを、禅語と共にご紹介させていただきますね。

 

 

 

●百花春至為誰開(ひゃっか はるいたって たがためにか ひらく)

心身のバランスを崩し、植物の恵みを活用する「フィトセラピー(植物療法)」を学んだとき、それぞれの植物が懸命に生き抜く姿勢に、何よりも感動しました。

 

 

ローズ、ヒマワリ、コスモス、それぞれが命を全うし、それぞれの美しさを謳歌しています。

 

鏡で自分の姿を見たこともないのに、生命力溢れる美しさで咲き誇っています。

 

それぞれの魅力があり、比較する意味も必要もありません。

 
誰のためでも、何のためでもなく、ただ咲き誇る。

その姿に私たちは感動し、勇気をもらうのだと思います。

 

私たち人間も、他の誰かになろうとするのではなく、ただ懸命に自分の命を全うさせるだけで良いのだな、と学ばせていただきます。

 

 

 

●春色無高下 花枝自短長(しゅんしょく こうげなく かしおのずから たんちょう)

新入社員で配属されたのは軽井沢にある旅館だったので、現地に2年ほど住んでいたことがあります。

そこで驚いたのは、東京にいた時と季節感が全く異なること。

 

例えば桜の開花時期を比較すると、東京では3月半ばなのに対して、軽井沢ではゴールデンウィークにも及んでいたことがありました。

 

春は日本中どこにでも訪れるけれど、早く咲く桜もあれば、ゆっくり咲く桜もある。

枝が短い桜も長い桜もある。

 

どちらが良い悪いではなく、ひとつひとつが自分のベストなタイミングで、自分らしく懸命に咲き誇っているのだと感じました。

 

これは私たちにも当てはまるのではないでしょうか。

自分と他者の生き方に何らかの差があったとしても、比べる必要はなくて、自分自身のペースで、流れに身を任せて懸命に生きれば良いのだと思います。

 

自然はいつだって、私たちにとっての生き方の師匠ですね。

 

あなたらしく咲き誇り、あなたの人生が素晴らしいものになるよう、心からお祈りしています♪

MAYA
Latest posts by MAYA (see all)