どんな時も「ちょっといい感じのわたし」を叶えるウェルネス情報サイト

メイクを落とさず寝落ち!次の日のリカバリーケア

今日1日頑張って、やっとお家。

もう疲れ切っていて、とりあえず横になりたい!


メイクも落とさずそのままベッドへ。

あとで落とそう・・・と思いながら、

そのまま朝まで寝てしまう、なんて経験ありませんか?


今日は、そんな経験がある全ての頑張る女性へ

知っておいて損はない!

「メイクを落とさず寝た次の日のリカバリーケア」をお届けします。


◎メイクを落とさず寝るとどうなる?

「メイクを落とさず寝るのは、ぞうきんを顔に乗せて寝るのと同じこと」なんて噂もありますよね。

本当のところはどうなのでしょうか?


まず、頑張って1日を過ごしたお肌には、

古い角質、皮脂腺から分泌された油脂、汗、排気ガス、花粉やほこり、タバコの煙など、様々な汚れが付着しています。


これらの汚れを落とさずに長い時間を過ごしてしまうと、毛穴に汚れが詰まりニキビの原因にもなります。


それに加え、いくら美容成分が入っているファンデーションでも、朝からのせたままだと、ファンデーションなどに含まれる油分や顔の皮脂が酸化し、お肌に対しての刺激物質に変わります。

これらは、肌の新陳代謝を阻害したり、コラーゲンを破壊したりするそうです。


外から帰ってきてクレンジングや洗顔をせずに寝てしまうのは、やはりお肌のダメージが大きそうですね。


◎メイクを落とさず寝た次の日にするべき5つのこと

起きたら速攻でメイクを落とす

時間無いし、またメイクするの面倒だし、昨日のメイクにちょっと足してそのまま出よう、とは決して思わないでください。

とにかく早急にメイクを落としましょう。

そして、クレンジングはいつもよりも多めで、いつもより丁寧に優しく!

お肌が過敏になっている可能性があるので、ミルククレンジングをたっぷりめに使うのがオススメです。


②たっぷりの泡洗顔

メイクを落としたら、たっぷりの泡で優しく顔を洗いましょう。

絶対にゴシゴシと洗わないでくださいね。

メイクをしたまま寝たお肌は、すでに乾燥などでダメージを受けて敏感です。摩擦にはいつも以上に気をつけてください。

泡洗顔の中でも、泡で出てくる炭酸ガスの洗顔料がオススメです。

キメの細かい泡を作ってくれるので、細かい汚れも落としてくれます。


③温めて毛穴を開く

余裕のある朝は、なるべく湯船に浸かってください。
体の芯から温めることで代謝も上がり、毛穴が開いて汗と一緒に汚れも出ていきます。

時間の無い朝は、蒸しタオルやスチーマーでも大丈夫です。

毛穴の奥に詰まった汚れを全部出し切るイメージです。


④たっぷりの化粧水で保湿

お肌が乾燥した状態なので、さっぱりする化粧水よりも、保湿力高めの化粧水がおすすめです。

コットンではなく“温めた手”で、優しく包み込むように化粧水を染み込ませましょう。

パタパタとつけるのではなく、じんわりと温めながら、肌の奥まで入っていくようなイメージを持ちながらケアをすることがポイントです。たっぷり使っていきましょう。

化粧水のあとも保湿がメインの美容液を使うようにしてください。

クリームや乳液でフタをすることも忘れずに!


⑤次の日は出来ればスッピンで

24時間メイクしっぱなしの翌日は、お肌を休めてあげるのが1番。

出来ればスッピン、それが難しい場合は、肌を綺麗に見せてくれる軽いパウダーや、ポイントメイクだけなど、最小限に抑えましょう。



いかがでしたか?


お肌はリカバー出来るので、次の日の夜はシートマスクをするなど、スペシャルケアで労ってあげましょう。

メイクを落とせないくらい疲れてしまうほど頑張った自分を、しっかり褒めること。

これが何よりもお肌の栄養です。無理しすぎないでくださいね!^^

MIKI
Latest posts by MIKI (see all)